スマホはたくさんあって選ぶのがたいへんですが、比較すべきところを抑えてしまえば難しくありません。代表的な機種を選んでおすすめのポイントを紹介していきます。

スマホのおすすめ機種

VAIO Phone Aの魅力は、性能の割に安い価格


■ VAIOはすでに過去のもの

年配のソニーファンなら、パソコン
VAIOがソニーから発売された時の
衝撃を覚えている人も少なくないでしょう。

あの一世を風靡したソニーのVAIOは
ソニーの業績不振とともに分社化され
ましたが、

VAIOブランドは継続されました。

VAIOブランドとして2015年から
スマホが発売されていますが、

残念ながら、ずっと期待を裏切り続けて
いると言っていいでしょう。

期待とはVAIOというブランドを
背負った機種としての期待です。

高級感があふれ斬新なデザインだった
VAIOを期待している人には、かなり
残念なVAIO Phone Aです。

すでにVAIOというブランドは過去の
ものと思ってこのスマホを見ましょう。

そうすれば、このスマホの魅力も
見えてきます。


■ VAIO Phone Aはハイスペック

VAIO Phone Aの魅力を解説
していきますね。

性能的に一番の魅力は3GBの動作
メモリを搭載していることです。

スマホの動作速度を判断するとき
本来はCPUの性能を見るのがいいの
ですが、

スマホのCPUは今やたくさんあり
すぎて比較が簡単ではなくなっています。

そこで、その代わりに動作用メモリの
量で判断する方法をおすすめします。

たくさんメモリを搭載するということは
それだけ動作性能を高めたいという
メーカーの気持ちの表れです。

だから、3GBの動作メモリを搭載して
いるということは、この機種に対する
思い入れがあるということです。

オクタコアのCPUを搭載している
こともそのことの表れです。

そして、1,920x1,080という
フルハイビジョン解像度の液晶を搭載
していることもそうです。

明らかに高性能なスマホを目指して
作られています。


■ 残念なのは保存容量

そういった本体の高性能に比べて残念
なのは、保存容量が16GBしかない
ことなのです。

アンドロイドの場合、16GBあれば
割と問題なくやっていけると思いますが

より多くの画像や動画を貯めておくには
やや容量が不足します。

高性能のモデルを目指すならやはり
32GBのモデルも用意して欲しかった
のです。

もちろん、SDカードで拡張する方法は
ありますが、SDカードを挿せば、

本体とSDカードのどちらに保存するか
使い分けないといけません。

そういうことを考えるより、本体に
全部保存できた方が使い勝手はいいのです。

というものの、オンラインショップでは
21,384円(税込)で販売されて
います。

この値段は魅力的と言えるでしょう。